東アジア・ミクロネシア古写真資料画像データベース
A digital archive of early photographs taken in eastern Asia and Micronesia by Japanese anthropologists.

このデータベースは東京大学総合研究博物館・人類先史部門所蔵の古写真資料、約250 0点の画像データベースである。当コレクションの写真資料はほとんどが明治・大正期に 撮影されたものであり、東アジア・ミクロネシアに関する貴重な人類学的学術資料である 。
本館の人類先史部門では、1980年代より収蔵標本の公開利用を推進すべく、データベ ース化を進めてきた。古写真資料については赤澤威を中心とした研究グループにより、2 545点について、写真乾板の再生、保存、照合作業が実行された。その結果、1990 年には台湾、満州、千島、沖縄、西南中国のもの約800点について4部からなる標本資 料報告が出版され(「東京大学総合研究資料館所蔵鳥居龍蔵博士撮影写真資料カタログ、 第1部から第4部」鳥居龍蔵写真資料研究会編)、翌1991年には特別展示「乾板に刻 まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジア」が開催された。後者では、上記標本資料報告で取り 上げた諸地域の写真資料のほか、朝鮮の古写真資料の一部が公開され、関連情報と共に、 展示カタログの一部として50点ほどが出版された。続いて1999年には、600点以 上にのぼるミクロネシアの古写真資料のうち、選定された100点について関連情報を整 備した標本資料報告が出版された(「東京大学総合研究博物館所蔵ミクロネシア古写真資 料カタログ」印東道子著)。
本画像データベースは上記の出版成果の母体となった、約2500点のコレクション全体 を扱ったものであり、鳥居龍蔵写真資料研究会によって作製された保存用オリジナル写真 フィルムの映像をデジタル化した。本データベースでは、画像と標本番号(「写真番号」 )のほか、付随情報として「地域分類」、「箱番号」、「写真説明」の3項目を設けた。 「地域分類」の種別は出版カタログにある14種(アイヌ、エスキモー、満州、日本、朝 鮮、琉球、台湾、南洋、マレー、苗、ロロ、各地人種、地域不明、その他)をそのまま用 いた。「箱番号」は写真乾板の収納箱の整理番号である。「写真説明」は出版カタログに ある説明文としたが、これは出版カタログに掲載された写真資料についてのみ付随情報が 適切に整備されているからである。それ以外の写真資料については、写真乾板の収納箱に 記述されている説明を取りあえずは提示する。ただし、収納箱の説明は必ずしも各々の乾 板に当てはまるものでないことに注意されたい。
これら本館人類先史部門所蔵の古写真資料の大半は鳥居龍蔵の東京帝国大学在任中の学術 調査による。ただし、「地域分類」が南洋とマレーのものは長谷部言人、松村瞭らの調査 による。今から100年以上も前に、我が国の人類学において初めて野外調査に写真記録 を導入した鳥居の功績は広く認められている。鳥居による写真資料収集活動の背景と赤澤 らによる古写真資料の再生事業については、出版カタログにある「鳥居龍蔵博士およびそ の写真について」ならびに総合研究資料館ニュース21号(1991年)に掲載された「 鳥居龍蔵写真乾板の再生」を参照されたい(参考資料として添付)。また、本データベー スの古写真資料を創生するに至った、鳥居、長谷部らの調査活動については出版カタログ に詳しい記述がある。ここでは、鳥居の関連調査については1991年の特別展示カタロ グ掲載のものを、長谷部らの調査活動については1999年の出版カタログのものを参考 資料として添付した。


参考文献
[1] 香原(1990)「鳥居龍蔵博士およびその写真について」、東京大学総合研究資料館・ 標本資料報告第18号、東京大学総合研究資料館所蔵鳥居龍蔵博士撮影写真資料カタログ 、第1部、解説:7-9.
[2] 赤澤(1991)「鳥居龍蔵写真乾板の再生」、総合研究資料館ニュース2 1:2-3.
[3] 姫野(1991)「鳥居龍蔵による台湾調査の民族学的意義」、乾板に刻まれた世界-鳥 居龍蔵の見たアジア:37-41.
[4] 中川(1991)「北千島・樺太・東部シベリア調査」、乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵 の見たアジア:88-93.
[5] 谷野(1991)「鳥居龍蔵の満州調査」、乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジア :118-121.
[6] 曽(1991)「鳥居龍蔵の西南中国調査」、乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジ ア:137-140.
[7] 笠原(1991)「鳥居龍蔵の沖縄調査」、乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジア :160-162.
[8] 末成(1991)「鳥居龍蔵の朝鮮調査」、乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジア :178-181.
[9] 印東(1999)「日本統治時代のミクロネシア古写真」、東京大学総合研究博物館・標 本資料報告第34号、東京大学総合研究資料館所蔵ミクロネシア古写真資料カタログ:5 -7、13.
[10] 関連文献。乾板に刻まれた世界-鳥居龍蔵の見たアジア:234-241.東京大学総合 研究資料館所蔵ミクロネシア古写真資料カタログ:11-12.



This database compiles the approximately 2500 dry plate photographs of ethnographic interest, housed in the Department of Anthropology and Prehistory, The University Museum, The University of Tokyo. These were taken by Japanese anthropologists active in field work in the late 1800s and early 1900s.
Since the 1980s, the Department of Anthropology and Prehistory has engaged in the updating of the collection inventories, including reorganization of old and hence sometimes obscure contextual information and formulation of an enhanced catalogue system. With regard to early photographs, a research team organized by T. Akazawa engaged in an extensive restoration and organization program involving 2545 dry plate photographic records. This led to the publication of a voluminous catalogue of approximately 800 photographs taken by T. Ryuzo in Taiwan, Manchuria, Kuril Islands, Okinawa and southwestern China (Torii Ryuzo Photographic Record Society (ed.) 1990, The Torii Ryuzo Photographic Record of East Asian Ethnography. The University Museum, The University of Tokyo, Material Reports 18-21). In 1991, a special university museum exhibit entitled "Lost World's on a Dry Plate: Torii Ryuzo's Asia" was held. In addition to featuring Torii's photographs of the above mentioned areas, early photographs taken in Korea were shown, about 50 of which were published in the exhibit catalogue. Finally, in 1999, out of over 600 photographs taken in Micronesia, a selected 100 were published, together with reconstructed contexutal information (Intoh 1999, A Selection of Early Photographs Taken in Micronesia by Japanese Anthropologists, The University Museum, The University of Tokyo, Material Reports 34).
The present database involves the entire photographic collection that formed the basis of the above published catalogues. A digital archive of the approximately 2500 images were made. Contextual information are given in the form of 1) locality code, 2) box number, and 3) explanation. The locality code categories used are those of the published catalogues and consists of the following 14 regions or ethnographic groups; Ainu, Eskimo, Manchuria, Japan, Korea, Okinawa, Taiwan, Micronesia, Malay, Miau, Lolo, various, unknown, others. Box number refers to reference numbers of the dry plate boxes. Reliable explanations are available for the photographs published in the catalogues, and are used here. For other photographs, short explanations written on the boxes are reproduced for reference. It should however be noted that these may not necessarily apply to the individual dry plates themselves.
The majority of the dry plates were accumulated through research activities of R. Torii during his residency at the Tokyo Imperial University. However, photographs categorized under locality code Malay and Micronesia were taken by K. Hasebe and R. Matsumura. The contribution of R. Torii to anthropology, in applying the photographic method to ethnographic field work over 100 years ago, is widely recognized. An overview of Torii's field research and the background to Akazawa and colleagues' dry plate restoration project are available in the above listed catalogues and in Akazawa (1991, "Restoration of Torii Ryuzo's dry plates", University Museum News 21:2-3).

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/dm2k-umdb/umdb/TR/

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/...22=&O0=&O1=&O2=

Available Image Sizes: [512 x 768] [1024 x 1536] [2048 x 3072]